OSAKA

Billboard Live OSAKA
@HERBIS PLAZA ENT,Umeda,Osaka

  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • LINE
  • iTunes
  • instagram

Live Scheduleライブスケジュール

2008/10/20(月)

長谷川 きよし

Singer-Songwriter

長谷川 きよし デビュー40周年~アルバム発売記念ライブ

Kiyoshi Hasegawa

1969年の「別れのサンバ」のデビュー、71年「黒の舟歌」がヒット。以来、多くのアーティストから今も多大なリスペクトをうけている盲目の天才、長谷川きよしのビルボードライブ公演が決定。

Open / Start

10/20(Mon)1st Stage Open 17:30 Start 18:30 / 2nd Stage Open 20:30 Start 21:30

Price

Service Area : ¥7,000 (2)  / Casual Area : ¥5,500 (2) 

※カッコ内の数字は法人チケット枚数

Ticket Information

BBL会員・法人会員: 受付は終了しました
ゲストメンバー: 受付は終了しました

Member

長谷川 きよし/Kiyoshi Hasegawa(Vocals, Guitar)
海沼 正利/Masatoshi Kainuma(Percussions)

Profile

【長谷川 きよし/Kiyoshi Hasegawa】
●1949年東京生まれ。2歳の時失明。筑波大学付属盲学校卒業。12歳でクラシックギターを始める。小原佑公氏に師事。
●1967年、友人の薦めで出場した、第4回石井好子事務所主催シャンソンコンクールで入賞。これをきっかけに『銀巴里』などで歌い始め、シンガー・ソング・ライターとしてスタート。
●1969年7月、シングル『別れのサンバ』でデビュー。10月、厚生年金会館大ホールで初リサイタル。ゲストの渡辺貞夫と共演。年末からラジオの深夜放送をきっかけに『別れのサンバ』が大ヒットとなる。
●1970年3月、万博オープニングショーに出演。同年、日野皓正とジョイントコンサート。
●1972年3月、『黒の舟唄』発売、代表作の一つとなる。同年9月、ブラジル『リオ国際音楽祭』に参加。『バイレロ』で入選。
●1974年3月、加藤登紀子とデュエットしたシングル『灰色の瞳』発売。日本に於けるフォルクローレブームの先駆けとなる。ジョイントコンサートで第一期全国ツアー。
●1977年4月、ライヴアルバム『Sunday Samba Session』リリース。ブラジル音楽ファンの間で伝説的なグループとなっているサンデーサンバセッションを結成、日本におけるサンバの新しいムーブメントのきっかけとなる。
●1978年4月、文化放送『セイ・ヤング』のパーソナリティーとして、深夜放送のDJを手掛ける。同年6月、2枚組アルバム『加藤登紀子・長谷川きよしLIVE』リリース。第二期全国ツアー。
●1979年6月、スペイン、モロッコ、ギリシャの町を旅しながら、各地でレコーディングしたアルバム『遠く離れたおまえに』リリース。
●1983年10月、浅川マキのプロデュースで、新しい試みに満ちたアルバム『ネオン輝く日々』リリース。
●1984年『話の特集』でテレビエッセイの連載を始める。
●1985年『立風書房』より、エッセイ集『めくら自慢・耳は目ほどに物を見る』出版。
●1986年3月、インドネシア・ジャカルタでコンサート。同年、杉田二郎、伊勢正三、山本コウタローらと共にジョイントコンサート『ハロー・ミート・ユー』をシリーズ化、各地で公演。
●1988年5月、女優吉行和子をパートナーに得て、音楽と芝居を融合させた新しい手法による舞台作品の全国公演スタート。函館市では、太宰治の『葉桜と魔笛』寺山修司の『輪舞』 渋谷ジャンジャンでは、野坂昭如の『エストリールの夏』上演。
●1989年11月、村松友規の書き下ろし『螢』を山口市で上演。NHK『芸術劇場』で放映。
●1990年3月、2度目のインドネシア・ジャカルタでのコンサート。同年、クルトワイル作品を集めた瀬間千恵のアルバム『瀬間千恵のクルトヴァイル』のプロデュースを手掛ける。9月、フェビアン・レザ・パネ(ピアノ)、吉野弘志(ベース)、ヤヒロ・トモヒロ(パーカッション)のトリオのセッショングループとライヴ活動開始。10月、吉行、長谷川に柄本明を加えて、岸田戯曲賞受賞作家岩松了の書き下ろし『食卓で会いましょう』をスペース・パルコで上演。
●1992年5月、『二人のモノローグ』として88年初演以来全国30ケ所以上で公演を重ねてきた、野坂昭如原作『エストリールの夏』の一つの集大成としてパナソニック・グローブ座で東京での再演。
●1993年5月、パネ、吉野、ヤヒロとの活動を形にしたアルバム『ACONTECE』リリース。
●1999年10月、日本在住のフランス人の歌手、アコーディオン奏者・パトリック・ヌジェとの『巴里の空の下サンバは流れる』とタイトルされたデュオツアーをスタート。
●2001年6月、パトリック・ヌジェ、ヤドランカと共に『トリコロール・国境のない音楽会』開催。
●2002年7月、おおたか静流(ヴォーカル)、梅津和時(サックス)、長谷川きよしの3人のユニットで『東京 群馬 埼玉 歌謡サミット』という歌謡曲をテーマにした企画スタート。9月、デビュー以来初めての全曲ギター弾き語りのアルバム『ふるいみらい』発売。

New Release

『40年。まだ、これがベストではない。~長谷川きよしライブレコーディング~』
長谷川きよし
『40年。まだ、これがベストではない。~長谷川きよしライブレコーディング~』
(コロムビアレコード)
発売中

Link

オフィシャルサイト
長谷川 きよし

Billboard Live OSAKA
Billboard Live OSAKA 大阪市北区梅田2丁目2番22号
ハービスPLAZA ENT B2F
INFO & RESERVATION06-6342-7722
INFO & RESERVATION06-6342-7722
安全地帯IN甲子園球場 さよならゲーム
ギフトカード
オンラインショップ
dwangoビルボード公式ダウンロード専用サイト
Soul Bird Music School
私たちは音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します