Cafe & Dining

Billboard cafe & dining
@Midtown,Hibiya,Tokyo

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • 2019.2.6 Wed Rasmus Faber presents
    "Platina Jazz 10th Anniversary Party"


    アニメ・ジャズ・カヴァー・プロジェクト、プラチナ・ジャズ・オーケストラを率いる北欧随一のサウンドプロデューサー、ラスマス・フェイバーによる、プロジェクト開始10周年を記念したパーティの開催が決定。ビルボードライブ東京での公演前夜にラスマス本人が貴重な3Hラウンジセットを披露します。
    2019.2.6 Wed
    Time: 19:30 - 22:30 (Open 19:00)
    Music Fee: ¥1,500 (税別・全席自由席)
    DJ:ラスマス・フェイバー
    【予約受付】
    予約開始日:1/16(水)12:00~(Peatixにて受付)
    ※チケット購入時にチケット代金のお支払いはございません。イベント当日、会場にてお支払いいただきます。
    ※空席が出た場合、当日入場可。

    【注意事項】
    ■ご予約はお1人様4枚まで。
    ■座席は全席自由席・ご入場は整理番号順となります。
    ■開場時間までに入り口にて受付をお済ませください。
    ■開場時間以降にご来場のお客様は、入場整理番号が無効になります。
    ■お一人様につき1ドリンクのご注文をお願いいたします。
    ■当日のご飲食は、限定メニューからのご提供となります。
    ■会場内への飲食物のお持ち込みはお断りさせていただきます。
    ■お電話でのご予約は承っておりません。

    予約受付はこちら


    【関連公演情報】
    プラチナ・ジャズ・オーケストラ
    presented by ラスマス・フェイバー

    ビルボードライブ大阪
    2019年2月5日(火)
    詳細はこちら

    ビルボードライブ東京
    2019年2月7日(木) - 8日(水)
    詳細はこちら
  • 2019.1.26 Sat Technics Presents 「The Essential Vol.2」

    前回の大盛況が記憶に新しいTechnics主催のDJイベント「The Essential」の第二弾が早くも開催決定。今回は、日本を代表するヒップホップグループ、ライムスターのDJ/プロデューサー「DJ JIN」、SOIL&”PIMP”SESSIONSのアジテーター「SHACHO」が登場。ジャンルや国境を越えた世界に誇るDJ達のグルーヴを、Billboard cafe & diningでお楽しみください。
    2019.1.26 Sat
    Time: 19:00 - 22:00
    Entrance Fee: Free

    <出演>
    DJ JIN(RHYMESTER / breakthrough)
    DJ SHACHO(SOIL & ”PIMP” SESSIONS)

    • DJ JIN(RHYMESTER / breakthrough)

      日本を代表するヒップホップ・グループ、ライムスターのDJ/プロデューサー。ファンク/ソウル/ジャズなど幅広い幅広い音楽への深い理解に基づくモダンなサウンド・プロダクションと、時代/ジャンルを横断しつつ常に高品質なグルーブ感溢れるクラブ・プレイで人気。また、世界中のクラブ・アーティストとクロスオーヴァーするDJ/プロデューサーチーム<breakthrough>も主宰し、国内外のミュージック・ラヴァーから揺るぎない評価を獲得。近年では、日本が世界に誇る人力ダンス・ミュージック・バンド=cro-magnonとのフュチャー・ファンク・コラボ<Cro-Magnon-Jin>や、自身のDJスタイルを落とし込んだミックスCD「Music Journey」シリーズのヒット等も話題。豊潤な音楽的「軸」が一切ぶれることなく、実に幅広い層にアピールし続けられている稀有なアーティストのひとり。
    • SHACHO(SOIL & ”PIMP” SESSIONS)

      ジャズの枠組みを超えたパンキッシュでエネルギーに満ち溢れたパフォーマンスは世界中で高い評価を受け、数多のビッグフェスティバルに出演中。また、社長のもう一つの顔であるDJは、96年より活動を開始。ジャズを軸にしながらジャンルの壁を越えた選曲で、高揚感に包まれたフロアを演出している。さらに、近年では様々なアーティストへの楽曲提供やリミックスを行うなど、作曲者・プロデューサーとしての能力も評価されている。(SOIL & ”PIMP” SESSIONS)SOILとしては2018年5月に2年ぶりのオリジナル・フルアルバム「DAPPER」をリリース。
  • 2019.1.27 Sun Sunday Evening Acoustic vol.3
    おおはた雄一


    日曜午後のライブイベント「Sunday Evening Acoustic」の第三弾に、シンガーソングライター、おおはた雄一がソロで登場。
    ブルース、フォークミュージックをルーツに持つ彼の、心に響くオーガニックサウンドをご堪能ください。
    2019.1.27 Sun
    Open 16:00(受付開始 15:30) / Start 17:00
    Music Fee: ¥3,500 (税別・全席自由席)
    出演:おおはた雄一
    【予約受付】
    予約開始日:12/30(日)11:00~(Peatixにて受付)
    ※チケット購入時にチケット代金のお支払いはございません。イベント当日、会場にてお支払いいただきます。
    ※空席が出た場合、当日入場可。

    【注意事項】
    ■ご予約はお1人様4枚まで。
    ■座席は全席自由席・ご入場は整理番号順となります。
    ■開場時間までに入り口にて受付をお済ませください。
    ■開場時間以降にご来場のお客様は、入場整理番号が無効になります。
    ■お一人様につき1ドリンクのご注文をお願いいたします。
    ■当日のご飲食は、限定メニューからのご提供となります。
    ■演奏中の撮影・録画行為は固くお断りいたします。
    ■会場内への飲食物のお持ち込みはお断りさせていただきます。
    ■お電話でのご予約は承っておりません。

    予約受付はこちら

    • おおはた雄一

      シンガーソングライター、ギタリスト。
      2004年アルバムデビュー。代表曲「おだやかな暮らし」は多くのアーティストにカバーされている。2008年にはJesse Harrisをプロデューサーに迎え、N.Y.のミュージシャン達と録音したアルバムを発表、話題となる。近年では、映画「ちょき」の劇伴・主題歌を担当したり、舞台の音楽制作、CM音楽・CMナレーション(旭化成、JT等)を担当するなど、活動は幅広い。坂本美雨とのユニット「おお雨」、福岡晃子とのユニット「くもゆき」や、高野寛、宮沢和史とのユニットでも各地のライブに出演している。
      オフィシャルサイト
  • 2019.2.17 Sun Sunday Evening Acoustic vol.4
    大和田慧


    日曜午後のライブイベント「Sunday Evening Acoustic」の第四弾に、シンガーソングライターの大和田慧が登場。ソウルミュージックをルーツに持ち、深い共感を呼ぶ言葉でその世界に引き込む彼女の歌声をご堪能下さい。さらに今回は国内ジャズ・シーンの第一線で活躍する新鋭ピアニスト、宮川純とのDuoでステージを彩ります。
    2019.2.17 Sun
    Open 16:00(受付開始 15:30) / Start 17:00
    Music Fee: ¥3,000 (税別・全席自由席)
    出演:大和田慧(vo/gt)
    サポート:宮川 純(key)
    【予約受付】
    予約開始日:1/19(土)11:00~(Peatixにて受付)
    ※チケット購入時にチケット代金のお支払いはございません。イベント当日、会場にてお支払いいただきます。
    ※空席が出た場合、当日入場可。

    【注意事項】
    ■ご予約はお1人様4枚まで。
    ■座席は全席自由席・ご入場は整理番号順となります。
    ■開場時間までに入り口にて受付をお済ませください。
    ■開場時間以降にご来場のお客様は、入場整理番号が無効になります。
    ■お一人様につき1ドリンクのご注文をお願いいたします。
    ■当日のご飲食は、限定メニューからのご提供となります。
    ■演奏中の撮影・録画行為は固くお断りいたします。
    ■会場内への飲食物のお持ち込みはお断りさせていただきます。
    ■お電話でのご予約は承っておりません。

    予約受付はこちら

    • 大和田 慧/Kei Owada

      Singer songwriter, composer, multi-instrumentalist
      東京出身シンガーソングライター。瞬時に空気を捉える声はやさしく、時に力強く言葉を響かせる。 ソウルミュージックとキャロル・キング、60~70年代アメリカ・ルーツミュージックをバックグラウンドに、深い共感を呼ぶ言葉でその世界へ静かに引き込んでいく。14歳でAretha Franklynに憧れてゴスペルを歌い、17歳でCarole Kingに憧れ作曲を始める。バンド活動を経て、2012年よりソロ活動をスタート。これまでに多くのミュージシャンとセッションを重ねるかたわら、様々なアーティストの作品やライブへの参加、楽曲(作詞作曲)提供、アートとのコラボレーションも積極的に行っている。2012年、セルフプロデュースによる1st ミニアルバム「5 pieces+1」発売。その後、定期的に渡米するようになり、NYの老舗ライブハウスThe Bitter Endに出演し絶賛される。2014年には音楽の殿堂NYアポロシアター・アマチュアナイトに自作曲「you are my love」で挑戦し、準決勝まで進出。また初のNYレコーディングを行い、The Bitter Endのライブテイクを含むEP「A Part Of Me EP」を発売。同年、TAKE6、日野皓正らと南郷ジャズフェスティバルに出演。
      2015年、Motion Blue単独公演、Billboard Live 出演や大阪でのワンマンライブを成功させる。2016年、渾身のフルアルバム「touching souls」を発売。佐藤竹善をゲストに迎え、札幌シティジャズに出演。さかいゆうのCotton Club公演にゲスト参加後、全国ツアーにも参加。ピアニスト松本圭司のアルバムにボーカル参加。2017年、MONDO GROSSO14年ぶりの新作「何度でも新しく生まれる」に歌、作詞、作曲で参加。同ユニットでFUJI ROCK’17にも出演。2018年2月、憧れの音楽家Jon Brionをプロデューサーに迎えてのLAレコーディングが実現。作詞を担当したMONDO GROSSOの「偽りのシンパシー」がTBS系ドラマ「君が心に棲みついた」の挿入歌になる。またMONDO GROSSOニューアルバム 「Attune/Detune」にも作詞、歌で参加。(作詞「偽りのシンパシー」、 歌「One Temperature」)。6月~7月、自身の書き下ろしによるNHKみんなのうた「まどろみ」が放送される。7月4日、待望のニューシングル「まどろみ」発売。12月20日、Jon Brionプロデュースによる「Closing Time」を先行配信し、2019年春にはフルアルバムを発売予定。
      オフィシャルサイト
  • Every Wednesday Billboard cafe & dining "wednesday HOT"

    Billboard cafe & diningが贈る水曜日のミュージック・ナイト。第1~第3水曜日はBillboardのUS最新チャートやBillboard JAPANの最新チャート、特定の年代のチャートをもとにしたヒットソングをプレイ。第4水曜日はHOT & Smoothと題し、暖かく緩やかなスムース J-POPをお届けします。最新ヒット曲や時代を彩った名曲の数々を、素敵なお食事とともにお楽しみください。
    Every Wednesday
    Time: 19:30 - 22:30
    Entrance Fee: Free

    Schedule:
    1.9 wed "Billboard US NOW"
    最新のBillboard (US) チャート
    DJ Little Bay

    1.16 wed "Billboard JP NOW"
    最新のBillboard JAPANチャート
    DJ KEITH

    1.23 wed "Billboard US 1993"
    1993年のBillboard(US)チャート
    DJ MINOYAMA

    1.30 wed "Billboard JP HOT & Smooth"
    J-Popular
    YOSHIJIRO SAKURAI

    予約する

    • DJ Little Bay

      2010年よりCLUB DJ の活動を開始。2011年平日、週末ともに日本でNo.1 の集客を誇った西麻布alifeを中心に活動。alife の毎週木曜日開催イベント[GIRLS TALK]に携わりフロアを沸かせた。 2015年までESPRIT TOKYO のレジデントとして活躍し、今現在はフリーランスDJとして活躍中。 TOP40からEDM.HOUSE.ROCK.POPS を軸に幅広い選曲、独自の世界観を造り上げグルーヴ感あふれるPlayスタイルでオーディエンスから熱い支持を得る。今後の活躍が期待される今最も注目の若手Female DJ。
    • DJ KEITH

      American pop artistである "Keith Haring" を尊敬し、好き過ぎることから常にKeith Haringを身に付け、DJ nameまでkeithにしてしまうほどの強者である。 最近では若手DJが増え、差別化されづらい中でdark psychedelic tranceという今ではかなりマニアックなジャンルをplayすることでtranceが流行っていた時代を思い出させ、浮遊空間を作り出す。 渋谷、六本木を中心に多くのクラブで活躍しており、人脈が広すぎることで色々な顧客から連絡を受け「ほぼどこでも毎日ゲストが取れる」ことでも有名である。 身長が高く、常に髪を結んでおり、Keith Haringを必ず身に付け、一度会ったら忘れられないような容姿だと顧客に言われる変な人なのでクラブで見かけたら話しかけてみるのも面白いかもしれない。
    • DJ MINOYAMA

      高校生の頃、2PAC、SNOOP、NAS、PHARCYDE、A TRIBE CALLED QUESTなどのHIP HOPアルバムと出会う。その当時の横浜のクラブシーンに影響を受け、96年よりDJとしてのキャリアをスタート。横浜元町の老舗LOGOSを中心に、都内でも活躍。LOGOSの看板イベントでもあった毎週金曜日「JOY RIDE」では、全国ツアー、コンピレーションアルバムにも参加。 また2003年よりファンキーグラマーユニットのCHANNELのライブDJを務め、同アーティストのアルバムにもトラックメーカーとして参加。 現在もリリースが続くMIX CDでは、HIP HOPから元ネタ、SOUL、FUNK, DISCO、REGGAEなど様々のジャンルのレコードをグルーヴ良く繋ぎ、ドラマチックに展開していくスタイルで、毎回多くの同業者、アーティスト、各店舗からも高い評価を受けている。 2011年より自らのレーベル「THROWBACK RECOED」を立ち上げ、その第一弾としてMIX CD「talkin' about New York」をリリース。 Female Soulシンガー縛りのMIX「QUEEN OF SOUL」も各方面から高い評価を受けている。現在も横浜、都内のCLUBを中心に活動。
    • YOSHIJIRO SAKURAI

      1998年にDJとしてデビュー以来、"Vinyl Junkies Only" @organ bar(東京) 、"BOSSANOVA underground" @NOON(大阪)、"World Standard" @NOON(大阪)でのレギュラーイベントをはじめとしたパーティー主催。"MilfordSound(ミルフォード・サウンド)"名義にて「Chegade Saudade」を始めとした数多くのコンピレーションCDに楽曲を提供。アナログEP「Love songEP」をリリースするも、発売と同時に完売。2012年からquasimodeの松岡”matzz”高廣、Blu-Swingの中村祐介とともに"Tres-Men(トレメン)"を結成。1stアルバム"Tres-Men"をリリース。DJプレイにおいてはオールジャンルで非常に評価が高く、中でもJazz、Crossover、Latin、Soulを得意とし、常に希少性の高い選曲には定評がある。

billboard cafe dining

予約する

  • ADDRESS:
    〒100-0006
    東京都千代田区有楽町1丁目1番2号 東京ミッドタウン日比谷3F
  • OPENING HOURS :
    Lunch : 11:00 - 15:00 (14:30 L.O.)
    Cafe Time : 15:00 - 17:00 (16:30 L.O.)
    Dinner : 17:00 - 23:00 (22:00 L.O.)

    座席数:個室含め116席+テラス席36席
  • TEL : 03-6273-3355