Cafe & Dining

Billboard cafe & dining
@Midtown,Hibiya,Tokyo

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • 2019.4.21 Sun Sunday Evening Acoustic
    濱口祐自
    ~Lazy Blues Sunday~


    ビルボードカフェ&ダイニングがお送りする日曜午後のライブイベント、Sunday Evening Acoustic。今回のアーティストは紀伊勝浦のブルースギタリストの濱口祐自。
    「ブルースは人生の表現」と言わんばかりの日本人離れした演奏力とグルーヴ、更に彼ならではのゆるいMCは日曜午後のゆったりとした時間の流れに素敵なアクセントを加えてくれます。力の入りすぎない午後に彼の力強く、あたたかな音色を是非お楽しみください。
    2019.4.21 Sun
    Open 18:00(受付開始 17:30) / Start 19:00
    Music Fee: ¥4,000 (税別・全席自由席)
    出演:濱口祐自(Gt)

    【予約受付】
    予約開始日:3/26(火)11:00~(Peatixにて受付)
    ※チケット購入時にチケット代金のお支払いはございません。イベント当日、会場にてお支払いいただきます。
    ※空席が出た場合、当日入場可。

    【注意事項】
    ■ご予約はお1人様4枚まで。
    ■座席は全席自由席・ご入場は整理番号順となります。
    ■開場時間までに入り口にて受付をお済ませください。
    ■開場時間以降にご来場のお客様は、入場整理番号が無効になります。
    ■お一人様につき1ドリンク及び1フードのご注文をお願いいたします。
    ■当日のご飲食は、限定メニューからのご提供となります。
    ■演奏中の撮影・録画行為は固くお断りいたします。
    ■会場内への飲食物のお持ち込みはお断りさせていただきます。
    ■お電話でのご予約は承っておりません。

    予約受付はこちら

    • 濱口祐自

      和歌山県那智勝浦町にある脇ノ谷の生まれ。ブルーズ、ジャズ、カントリー、クラッシックに至るまで熊野フィーリングたっぷりに演奏する異能のギタリスト。独学で磨いた超絶的ギターテクニックを賞賛する声が各方面から相次いでおり、細野晴臣やピーター・バラカンといった支持者を生んでいる。
      ピーター・バラカン主催の【LIVE MAGIC!】には初回から5年連続出演を果たすなど、還暦を過ぎてますます活躍の場が広がっている。
  • 2019.3.31 Sun Sunday Evening Acoustic vol.5
    orange pekoe
    ~Billboard cafe & dining 1st Anniversary~


    日曜午後のライブイベント「Sunday Evening Acoustic」第5弾![ビルボードカフェ&ダイニング] 開店1周年ウィークに、 結成20周年を迎えた人気ユニット、オレンジ・ペコーが登場!うららかな陽気とやわらかな風に包まれる桜シーズンの日比谷で、 上質且つナチュラル&オーガニックなサウンドをお楽しみください。
    2019.3.31 Sun
    Open 18:00(受付開始 17:30) / Start 19:00
    Music Fee: ¥4,500 (税別・全席自由席)
    出演:orange pekoe
    ナガシマトモコ (Vo.)、藤本一馬(Gt.)

    【予約受付】
    予約開始日:3/11(月)11:00~(Peatixにて受付)
    ※チケット購入時にチケット代金のお支払いはございません。イベント当日、会場にてお支払いいただきます。
    ※空席が出た場合、当日入場可。

    【注意事項】
    ■ご予約はお1人様4枚まで。
    ■座席は全席自由席・ご入場は整理番号順となります。
    ■開場時間までに入り口にて受付をお済ませください。
    ■開場時間以降にご来場のお客様は、入場整理番号が無効になります。
    ■お一人様につき1ドリンク及び1フードのご注文をお願いいたします。
    ■演奏中の撮影・録画行為は固くお断りいたします。
    ■会場内への飲食物のお持ち込みはお断りさせていただきます。
    ■お電話でのご予約は承っておりません。

    予約受付はこちら

    • orange pekoe

      ナガシマトモコ (ヴォーカル、作詞)と藤本一馬(ギター、作曲、編曲)により1998年に結成。
      ジャズ、ラテン、ブラジル、ソウルなど様々な音楽を独自に昇華し、2002年1stアルバム『Organic Plastic Music』(BMG Japan)のセールスが35万枚を超え、メジャーデビューとともに幅広い支持を獲得。「日本ゴールドディスク大賞ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を初め数々の賞を受賞し、収録曲「Happy Valley」は史上初となるFMラジオ32局のヘビーローテーションを獲得。
      ライブにおいては、歌とギターのデュオ編成、レギュラーバンド編成、また総勢18名によるビッグバンド編成など様々な形態で開催。 3rd作『Poetic Ore; Invisible Beautiful Realism』(BMG Japan)の全国ツアーでは、NHKホールでのファイナル公演をDVDとしてリリース。アジア各国、ニューヨークでのCDリリースやライブ公演など、海外でも幅広い支持を獲得。

      またCDジャケットや映像作品を中心に、アートやファッションとのコラボレーションも多数。そのヴィジュアルワークにも注目が集まる。作品ごとに常に新しいサウンドを展開し、現在まで8枚のオリジナルアルバムをリリース。2013年リリースの7thアルバム『Oriental Jazz Mode』(KING RECORDS)では、中近東、北アフリカ、またアジアなどを含むオリエンタルな要素をミクスチャーし新たな境地を開拓。
      2014年にはビッグバンド/ジャズオーケストラ編成で録音された最新作『orange pekoe with the Big Band Party Night!!! 』(KING RECORDS)をリリース。ライブでは既にファンの間で人気曲の「Wanderer Soul」を初収録し、代表曲「LOVE LIFE」はライブヴァージョンにて収録されるなど話題に。

      2016年より拠点をNYへ移し、ライブ活動などを行なう。その後、2018年にはLAに拠点を移す。
      2019年帰国し日本での活動を再開。

      その他、それぞれソロとしても活動。
      藤本一馬はギタリストとしてこれまで4枚のソロ名義作品をリリース。
      2016年の最新作«FLOW»(SPIRAL RECORDS)では林正樹(pf)と西嶋徹(cb)とのトリオを軸にアルゼンチンからシルビア・イリオンド(vo)、ブラジルからジョアナ・ケイロス(cl)を迎え録音。これまで国内および海外の多数のアーティストと共演し、ジャズやクラッシク音楽だけでなくワールドミュージックリスナーなど幅広い支持を得る。

      また、ナガシマトモコは初のソロ・プロジェクト’Nia’の1st アルバム『NIA』(KING RECORDS)を2012年にブルックリンにて録音。 NY で活躍する新進気鋭のジャズミュージシャン達とともに制作され、新世代ネオソウルサウンドを追求。
      2014年の国内発売に続き、2015年4月には米国盤、ヨーロッパ盤もリリースされ、Wax Poetics JapanとのコラボレーションによるDJ SpinnaのNia’Natural Law’REMIXなどと共に話題となる。


      オフィシャルサイト
  • 2019.3.29 Fri Billboard cafe & dining 1st Anniversary Premium Party
    with special guests : 八神純子&奥田政行(from Al che-cciano)



    [ビルボードカフェ&ダイニング]の開店1周年を記念したスペシャル・パーティーが開催決定!
    日本を代表するシンガーソングライター八神純子と、山形を代表する人気イタリアン・レストラン[アル・ケッチァーノ]のシェフで当店の料理監修も行う奥田政行シェフが豪華コラボレーション。極上の音楽と1日限りのスペシャルなメニューで、記念すべき日を盛大に祝います。
    2019.3.29 Fri
    Open 18:30 / Start 20:00

    Price: ¥14,000 (税込)チケットは完売いたしました
    ※奥田政行プロデュースによるビュッフェ・スタイルの料理
    ※2ドリンク付き(当日限定メニューからお選びいただきます)

    出演:八神純子
    奥田政行(アル・ケッチァーノ オーナーシェフ)

    【注意事項】
    ■席は予め指定されております。
    ■席の位置に関するお問い合わせはご遠慮ください。
    ■会場内への飲食物のお持ち込みはお断りさせていただきます。



  • 2019.3.26 Tue Technics Presents 「The Essential Vol.4」

    Technics主催のDJイベント「The Essential」。Vol.4となる今回は、DJ松浦俊夫とDJ大塚広子が出演。ラスベガスで行われたイベント「Technics7th」とタイミングを同じく発表された新作ターンテーブル「SL-1200 MK7」が初登場します。その魅力を存分に味わえる夜を、Billboard cafe & diningでお楽しみください。
    2019.3.26 Tue
    Time: 19:00 - 22:00
    Entrance Fee: Free

    <出演>
    DJ 松浦俊夫
    DJ 大塚広子

    予約する

    • DJ 松浦俊夫

      1990年、United Future Organization(UFO)を結成。5作のフルアルバムを世界32ヶ国で発表し高い評価を得る。2002年のソロ転向後も国内外のクラブやフェスティバルでDJとして活躍。またイベントのプロデュースやファッション・ブランドなどの音楽監修を手掛ける。2013年、現在進行形のジャズを発信するプロジェクトHEXを始動させ、Blue Note Recordからアルバム『HEX』をリリース。2018年イギリスの若手ミュージシャンらをフューチャーした新プロジェクト、TOSHIO MATSUURA GROUPのアルバムをワールドワイド・リリース。InterFM897/Radio Neo "TOKYO MOON"(毎週日曜17:00)、Gilles Peterson's Worldwide FM"WWTOKYO"(第1&3月曜20:00)好評オンエア中。
    • DJ 大塚広子

      ジャズを名にDJ歴20年。アナログレコードこだわた1960代以降のブラックミュージックの音楽発掘から、現代ジャズ、クラブミュージックまで繋ぎ、ワン&オンリーな”JAZZのGROOVE”を呼び起こすDJ。
      徹底したレコードの音源追求、繊細かつ大胆なプレイで、ニューヨーク、スペインの招聘、アジア最大級ジャズ・フェスティバル【東京ジャズ】にDJとして初の出演、2度の【FUJI ROCK FESTIVAL】、【BLUE Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN】等出演。クラブシーンのみならず、自らの提案で新宿PIT INNへのDJ導入するなど、老舗ジャズ喫茶やジャズライブハウスでの評論家やミュージシャンとのコラボを積極的に行う。DJ活動の他、メディアでの執筆、選曲監修、伊勢丹新宿店をはじめ企業の音楽イベントをプロデュース、自身のレーベルKey of Life+を主宰。現在生まれる音楽を審美眼を活かした切り口でまとめあげたコンピレーション(PIECE THE NEXTシリーズ)や、気鋭ミュージシャンを束ねたプロデュース・ユニット(RM jazz legacy)のディレクション、リリース活動なども行う。DeAGOSTINIジャズレコードコレクション、朝日新聞、読売新聞などメディアにおいても、ジャズ及びアナログレコード普及におけるオピニオンリーダーとして活躍。二児の母。
  • Every Wednesday Billboard cafe & dining "wednesday HOT"

    Billboard cafe & diningが贈る水曜日のミュージック・ナイト。第1~第3水曜日はBillboardのUS最新チャートやBillboard JAPANの最新チャート、特定の年代のチャートをもとにしたヒットソングをプレイ。第4水曜日はHOT & Smoothと題し、暖かく緩やかなスムース J-POPをお届けします。最新ヒット曲や時代を彩った名曲の数々を、素敵なお食事とともにお楽しみください。
    Every Wednesday
    Time: 19:30 - 22:30
    Entrance Fee: Free

    Schedule:
    TBA "Billboard US 19??"
    19??年のBillboard(US)チャート
    DJ MINOYAMA

    TBA "Billboard US NOW"
    最新のBillboard (US) チャート
    DJ Little Bay

    TBA "Billboard JP HOT & Smooth"
    J-Popular
    YOSHIJIRO SAKURAI

    TBA "Billboard JP NOW"
    最新のBillboard JAPANチャート
    DJ KEITH

    予約する

    • DJ Little Bay

      2010年よりCLUB DJ の活動を開始。2011年平日、週末ともに日本でNo.1 の集客を誇った西麻布alifeを中心に活動。alife の毎週木曜日開催イベント[GIRLS TALK]に携わりフロアを沸かせた。 2015年までESPRIT TOKYO のレジデントとして活躍し、今現在はフリーランスDJとして活躍中。 TOP40からEDM.HOUSE.ROCK.POPS を軸に幅広い選曲、独自の世界観を造り上げグルーヴ感あふれるPlayスタイルでオーディエンスから熱い支持を得る。今後の活躍が期待される今最も注目の若手Female DJ。
    • DJ KEITH

      American pop artistである "Keith Haring" を尊敬し、好き過ぎることから常にKeith Haringを身に付け、DJ nameまでkeithにしてしまうほどの強者である。 最近では若手DJが増え、差別化されづらい中でdark psychedelic tranceという今ではかなりマニアックなジャンルをplayすることでtranceが流行っていた時代を思い出させ、浮遊空間を作り出す。 渋谷、六本木を中心に多くのクラブで活躍しており、人脈が広すぎることで色々な顧客から連絡を受け「ほぼどこでも毎日ゲストが取れる」ことでも有名である。 身長が高く、常に髪を結んでおり、Keith Haringを必ず身に付け、一度会ったら忘れられないような容姿だと顧客に言われる変な人なのでクラブで見かけたら話しかけてみるのも面白いかもしれない。
    • DJ MINOYAMA

      高校生の頃、2PAC、SNOOP、NAS、PHARCYDE、A TRIBE CALLED QUESTなどのHIP HOPアルバムと出会う。その当時の横浜のクラブシーンに影響を受け、96年よりDJとしてのキャリアをスタート。横浜元町の老舗LOGOSを中心に、都内でも活躍。LOGOSの看板イベントでもあった毎週金曜日「JOY RIDE」では、全国ツアー、コンピレーションアルバムにも参加。 また2003年よりファンキーグラマーユニットのCHANNELのライブDJを務め、同アーティストのアルバムにもトラックメーカーとして参加。 現在もリリースが続くMIX CDでは、HIP HOPから元ネタ、SOUL、FUNK, DISCO、REGGAEなど様々のジャンルのレコードをグルーヴ良く繋ぎ、ドラマチックに展開していくスタイルで、毎回多くの同業者、アーティスト、各店舗からも高い評価を受けている。 2011年より自らのレーベル「THROWBACK RECOED」を立ち上げ、その第一弾としてMIX CD「talkin' about New York」をリリース。 Female Soulシンガー縛りのMIX「QUEEN OF SOUL」も各方面から高い評価を受けている。現在も横浜、都内のCLUBを中心に活動。
    • YOSHIJIRO SAKURAI

      1998年にDJとしてデビュー以来、"Vinyl Junkies Only" @organ bar(東京) 、"BOSSANOVA underground" @NOON(大阪)、"World Standard" @NOON(大阪)でのレギュラーイベントをはじめとしたパーティー主催。"MilfordSound(ミルフォード・サウンド)"名義にて「Chegade Saudade」を始めとした数多くのコンピレーションCDに楽曲を提供。アナログEP「Love songEP」をリリースするも、発売と同時に完売。2012年からquasimodeの松岡”matzz”高廣、Blu-Swingの中村祐介とともに"Tres-Men(トレメン)"を結成。1stアルバム"Tres-Men"をリリース。DJプレイにおいてはオールジャンルで非常に評価が高く、中でもJazz、Crossover、Latin、Soulを得意とし、常に希少性の高い選曲には定評がある。

billboard cafe dining

予約する

  • ADDRESS:
    〒100-0006
    東京都千代田区有楽町1丁目1番2号 東京ミッドタウン日比谷3F
  • OPENING HOURS :
    Lunch : 11:00 - 15:00 (14:30 L.O.)
    Cafe Time : 15:00 - 17:00 (16:30 L.O.)
    Dinner : 17:00 - 23:00 (22:00 L.O.)

    座席数:個室含め116席+テラス席36席
  • TEL : 03-6273-3355